標高+1m

Make, Hack, Think

Sigmarion IIでNetBSD

この記事は2009/3/13に書かれた記事を再編集したものです。 情報が古い可能性があります。




おととい、bookoffで"ホゲゆに"という書籍を購入しました。

4年前の本だから今は手に入りにくいかも。

その本の中に、sigmarion2やらipodやらgamecubeやらにUnixをインストールする記事があったので、
それを参考にsigmarion2にNetBSD4.0をインストールしてみることに。

この前の記事で既にdebian linuxは動くようになっているのですが、サスペンドができないという弱点を抱えていて、電力を馬鹿食いするのです。NetBSDならサスペンドできるようでいい感じ。


以下、手順メモ:

母艦にNetBSD4.0をインストール。

ネットに繋ぐ

pkg_addでwgetをインストール。

CFカードをfdiskでパーティションを切る。 vfat16M,残りはNetBSD

disklabelを編集。

swapを64M~128Mほど切る

new_fsでファイルシステムを作成。

NetBSDミラーサイトのディレクトリ、/pub/NetBSD/NetBSD-4.0/hpcmips/binary/setsからwget

"kern-GENERIC.tgz" "base.tgz" "etc.tgz"("games.tgz")をダウンロードし、CFのNetBSDパーティションにコピー。

ディレクトリ../../installationから"hpcboot.exe"をダウンロードし、CFのfatパーティションにコピー。

デバイスノードとやらを作成し、/etc/rc.conf,/etc/fstbを編集する。

アンマウント。

起動。

ホゲゆにに載っているNetBSD2.0ではパッチを充てなければいけないようだが、4.0では問題なく起動します。

sig2のNetBSD上でrogue(/usr/games/rogue)をプレイしている図

参考書籍: