標高+1m

Don't be rational

酒を飲まない新人類について

ビールを一杯飲んで顔が赤くなる人は、飲んでも楽しくならないので酒なんか飲まなくていい。 アジア圏に多い体質で、アジアンフラッシュっていう。 大人は教えてくれないし、知らずに飲んでるアホも多い。

日本人の40%程度がこの体質。 肝臓がエタノールを分解する時に、ADH酵素が毒性を持ったアセトアルデヒドを作る。これは通常速やかにALDH2酵素代謝しやすい酢酸塩にするんだけど、僕らはALDH2酵素を作る遺伝子が変異していて、アセトアルデヒドを変換できずに毒が蓄積していく。これに対する免疫反応で血管が膨張して顔が赤くなっているのであって、酔っているわけではない。

こういう体質の人が酒を飲むと、酒が飲める体質の人の1/6の量ですぐに心拍数が上がり、目は充血し、気持ち悪くなって頭痛もしてくる。こういうサインを無視して付き合いなんかで飲みまくってると耐性ができてきて普通に飲めるようになってしまうけど、アセトアルデヒドは発ガン性があるので普通に危険。

というわけで、遺伝子レベルで酒を拒絶している新しい人類は、古い人間の言葉に耳を貸さず堂々と拒否するのが吉.

酒が飲める体質の人が酒を飲んで見る世界に、僕らが酒で到達することはできないけど、他にも道はある。