標高+1m

Make, Hack, Think

酒を飲まない新人類について

ビールを一杯飲んで顔が赤くなる人は、飲んでも楽しくならないので酒なんか飲まなくていい。 アジア圏に多い体質で、アジアンフラッシュっていう。 大人は教えてくれないし、知らずに飲んでるアホも多い。

日本人の40%程度がこの体質。 肝臓がエタノールを分解する時に、ADH酵素が毒性を持ったアセトアルデヒドを作る。これは通常速やかにALDH2酵素代謝しやすい酢酸塩にするんだけど、僕らはALDH2酵素を作る遺伝子が変異していて、アセトアルデヒドを変換できずに毒が蓄積していく。これに対する免疫反応で血管が膨張して顔が赤くなっているのであって、酔っているわけではない。

こういう体質の人が酒を飲むと、酒が飲める体質の人の1/6の量ですぐに心拍数が上がり、目は充血し、気持ち悪くなって頭痛もしてくる。こういうサインを無視して付き合いなんかで飲みまくってると耐性ができてきて普通に飲めるようになってしまうけど、アセトアルデヒドは発ガン性があるので普通に危険。

というわけで、遺伝子レベルで酒を拒絶している新しい人類は、古い人間の言葉に耳を貸さず堂々と拒否するのが吉.

酒が飲める体質の人が酒を飲んで見る世界に、僕らが酒で到達することはできないけど、他にも道はある。

社会と世界と地球と宇宙について - 宇宙APIシリーズ

f:id:ympbyc:20170606222123j:plain

楽しかったMaker Faire Tokyo *1

日本と世界の現状について

日本人なんていない。みんないろんな時代にいろんなところを行ったり来たりしてできている。国や人種をアイデンティティーにするのはやめたほうがいい。

つまらん人間は社会のために仕事をする。面白い人間は地球のために仕事をする。 社会のために働いている人は戦争に行く*2。地球のために働く人は戦争なんかしない。

きついだけでつまらない仕事は、社会のため、人のためというコンセプトにすがらないとやってられない人を作る。 楽しい仕事は自分で作るしかない。やりたい仕事しかやらないようにしていたらだんだん見えてきた。

本題. 宇宙API

世界は実は一人一人の体の中にあって、社会は集団幻覚だ。 世界観というのが世界そのもので、宇宙APIの使い方がわかれば自由に作り変えることができる。

という仮説を元に、地球を、宇宙をひっくり返す思考実験をしている。位相幾何学的に考えると、球の外側に空間が広がる宇宙は、ひっくり返して球の内側に全てを閉じ込めても同相だ。内側と外側に区別をつける必要はなくて、だから境界がないはずの宇宙が複数存在するマルチバースをイメージするときは、球が無数にある映像を考えてよい。ということはまあ重力は働くんだろうな。など。

球のひっくり返しかた: Turning a Sphere Inside-out (1994) - YouTube

それがMaker Faireで配ったこの絵の意味。知っていると思っていること全てに別れを告げて、宇宙を作り直そうというメッセージを込めている。今だいたい200人がこの絵を持っている。 f:id:ympbyc:20170811211343p:plain

あと今面白いのはQuantum Gravity Researchがやっていることで、宇宙はE8っていう8次元の結晶(4_21 polytopeの格子)を4次元に投影した準結晶だということを言っている。 元はLAでサーフィンをしながら物理学を研究しているA. Garrett Lisi(ギャレット・リージ)が発表したE8 Theory*3で、僕は3年前にE8 Tシャツを取り寄せてよく着ているので、みんな気づかないうちに見ている。Maker Faireにも2日目に着て行った。これが今面白いことになっている。

Quantum Gravity Researchのこの動画は一見の価値あり。うおおおおこれじゃん!!ってなります。

www.youtube.com

8次元とかいわれてもわからんて人は過去記事のこれをやってみるといいです。 ympbyc.hatenablog.com

あとはこれ。Athene’s Theory of Everything 背景はよく知らないんだけど、AIやる人は見とくといいと思う。ちょっと前に出てたけど、最近また見てカチッときた。 youtu.be

僕の仕事の話

個人サイト更新したので見て https://ympbyc.github.io/
だいぶ気に入っている。もうちょい個別の情報量増やそうとは思う。

ここ1年くらい主に電子工作とMake関係でやってきたけど、Maker Faireで一区切りということにして、ガラッとかえることにした。

Makerシーンに突入する前にやっていた、IoTにナチュラルコンピューティングを持ち込むっていう研究を復活させる。

mechanic.pilotz.jp ympbyc.hatenablog.com

AIもそろそろやっとかなきゃなという気持ちがあるので、なにかしらやる。

あとはアートで、テクノロジーと自然の境界線を取っ払う、というよりテクノロジー社会に自然を持ち込むという電波をわかりやすく発信するための活動をしていく。

ソーラー小屋プロジェクトでは、ソーラーパネル1枚で、照明と扇風機とPC充電だけ用意するからあとは自然エネルギーでなんとかしてくれっていう小屋を作っていく。アーティストのあべさやかさんのスタジオに第一号が設置してある。 f:id:ympbyc:20170811231345p:plain

今度さやかさんと(株)えんがわのタケちゃんと組んでやるのが、神山町の古典芸能の◯◯を画像データ化してキネクト的なものでインタラクティブな感じにするというもので、僕はそれに環境音で川の音とか虫の音を入れたり、スクリーンの周りに本物の木を植えちゃったりって感じで遊ぶ予定。

あと今温めてるアイディアが半人力飛行機を作りたいというもので、まだ秘密だけど一緒にやってくれる人を募集します。

そして、妻のさとこはアイリッシュビール醸造会社の設立のための通訳+翻訳というすごい仕事をはじめた。9月からはヨガ教室も始める。プレナイトっていう黄色い石を着けだしてから調子がいい。

幽界について

7/3くらいまで変な奴がうろついていた。お盆が近づいてきてから今はいい感じ。意識を拡張して開けっ放しにしてるとヤバいものをキャッチしがちなので、強い意志と怒りで武装していきましょう。 A14gM300g夜

川で泳ぐといい感じ。

以上。よろしく。

*1:なるべく顔が写っていない写真を選びました。都合が悪い方は言ってください

*2:情報操作で世論はめちゃくちゃにされる。その時が危ない

*3:正しいタイトルは An Exceptionally Simple Theory of Everything

明日と明後日ビッグサイトにいます

f:id:ympbyc:20170606024557j:plainf:id:ympbyc:20170605171808j:plainf:id:ympbyc:20170603070430j:plain

昨日の夜行バスで東京入りして、今日は設営とかしてた。 Maker Faire Tokyo 2017 よろしく

近況

今日は頭が冴えてしょうがない。

昨日、近くのリサイクルセンターでアラームラジオを買った。700円でよく鳴る。

f:id:ympbyc:20170724213801j:plain

うちはテレビは置いてないし新聞も取ってなくて、ラジオばっかり4台ある。それぞれ違う局に合わせていて、これはNHKワールド用。世界中の人からの受信レポートとかを紹介していて面白い。

スマホはダサいと思っている。5年前くらいに買ったInfobar C01の錦鯉を、ネットを切って使っている。無駄なサービスを停止しているのでサクサク動くし、電池も5日くらいは持つ。本当は白黒液晶のケータイかPDAが欲しい。

カーボンフットプリントを考えて、車にはなるべく乗らず、燃費のいいスーパーカブか自転車で行動している。車に3000円入れて走る距離の3倍くらいを300円で走ってくれる。

最近、妻が湧き水を汲んでくるようになった。湧き水はうまい。

家の前には川が流れていて、家族で泳ぎに行ったり焚き火をしたりする。この2本の丸太を使うかまどはとても使い勝手がいい。

f:id:ympbyc:20170724222004j:plain

神山には5兆円のソロモンの秘宝が埋まっていたり、七福神が流れ着いたりしていたらしい。そんな話が好きな、自分はフェニキア人だという民宿の親父と、森と水源を守るために共謀している。バカな政府の号令で植えまくってほっぽらかしになった杉を、バサバサ切り倒して広葉樹を植えていく。森を使って仕事をしなくても死なない世界を作る。

僕はアンチテクノロジーのようでそうではなくて、情報操作とか自然のことを考えない情報/産業化社会に抵抗している。

今週の木曜日には太陽光発電のDIYのワークショップをやる。世界はエネルギーに満ちていて、その流れの中からスーッと借りてきて遊ぶといい。自分で作った電気ならジャバジャバ使ってもエコだ。

f:id:ympbyc:20170724225213j:plain

神山メイカースペースというのもやっていて、3Dプリンタを改造して、チップマウンタという機械を作っている。普通に買えば数千万という機械だけど、自分で作ってしまえばええんや。 なんでもDIYでなんとかしてやるぞという精神でやっている。

mechanic.pilotz.jp

金の匂いより楽しさの匂いを追いかけていきたいと思っているがそうも言っていられなくなってきた。なんとかしのぐぞ。

とりとめなんかないし、世の中にはファックと言っておけばいい。そんな夜。

近況

f:id:ympbyc:20170705113449p:plain
Maker Faire出ます。8/5,6 東京ビッグサイト。来てね



なんとか自然に楽しく生活できるように、少しずつ方向を修正中。 篭って時間かけてまじめに製品開発とかするより、ワッと集まってその場で知恵を絞ってやっつけるみたいな仕事の方が向いているかもしれない。
カラオケ鳥居とか、キャンプとか、七夕祭りとか、そういうのが楽しい。
f:id:ympbyc:20170705112448j:plain f:id:ympbyc:20170705112428j:plain

地球を大切にしたくて最近はなるべく車よりカブに乗るようにしている。
妻にヨガを習ったり、家の畑の野菜をめっちゃ食べたりしていたら調子が良い。 畑は妻が頑張ってめっちゃいい感じにしてくれている。僕は野菜も植物だしほっといたらいいだろと思ってしまってちょっぴりしか手伝えていない。

人間は本当は仕事なんかする必要はない。人間が仕事をすればするだけ地球に負担がかかる。植物に任せておけばみんな遊んで食っていける。
本当は携帯なんかいらないし、車なんかいらないし、金なんかいらない。*1
という話をしていたら作良家のオヤジが山を貸してあげると言ってくれた。
フードフォレスト作ったり小屋建てたり、なんでも実験してみようと思う。

youtu.be

電子工作クラブのメンバーで、原始工作クラブというのも始めた。魚釣って石で捌いて焚き火で焼いて食ったりしている。

f:id:ympbyc:20170705111318j:plain f:id:ympbyc:20170705115714j:plain

とにかく僕らが自然と遊んで楽しそうにしておいて、少しずつ考えが広がっていけばいいと思う。

でもハミ出しすぎると国の悪い奴らに目をつけられるから、社会と自然とバランスを大切にしていかないといけない。子供のことを考えると実際お金もいる。

得意技としてプログラミングとかwebサイト作りとか電気/電子とかは持っておいて、声がかかったらやらせてもらうという感じでできたらいい。あとは妻のローチョコレート屋さん手伝ったりとかして、自分たちで必要な分だけのお金を自分たちで作れるようになりたい。

考えながら遊びながらなんとかうまいやり方を見つけようと思う。

f:id:ympbyc:20170624103259j:plain 海月9ヶ月 大分行きのフェリーにて

*1:Disclaimer: 仕事しなくていいし金も要らないというのは理想論で、今の社会じゃリアリティーがないかもしれない。けど、経済のことばっかり考えて、誰かが誰かをコントロールしてなりたっているような仕事はよくない。もっと自然とのバランスを考えて、、ワッと、お祭りの準備みたいに仕事ができたらいい。

ブートローダが書き込まれたATmega単体を内部クロックで使おうとする時に起きる問題とその対処

f:id:ympbyc:20170412002259j:plain

Arduino UNOに乗っているATmega328pをUNOから外して、内部クロック(8MHz)を使った最小構成で動かす実験がしたくて手こずってた。

Arduino - ArduinoToBreadboard これのMinimal Circuitってやつ。

  • プログラマ用のUNOにArduinoISPを書き込む
  • 上記ページからbreadboard-1-6-x.zipを拾ってきて展開してhardwareに入れる
  • ISPの6本線を配線する
  • BoardをATmega328p on a breadboard (8MHz)に設定する
  • ProgrammerをArduino as ISPにする
  • ブートローダを焼こうとするか、スケッチをUpload Using Programmerしようとする
  • エラー Yikes! Invalid device signature 0x000000

これ結構いろんな人が困ってるみたい。問題は、クロックソースはfuseビッツで設定するもので、UNOから外してきたATmegaにはUNOのブートローダが焼きこまれたタイミングで16Mhzの外部クロックを使うように設定されているということ。水晶なしではクロックがない状態になって書き込みができない。

というわけで、ATmegaを外してきたUNO(抜け殻)から水晶を借りることにする。

f:id:ympbyc:20170412002259j:plain

  • 抜け殻のソケットとATmegaの、9番と10番、あとGNDをそれぞれつないでやる
  • fusesを設定するために一回ATmega328p on a breadboardのブートローダを焼き込む
  • もう抜け殻は用済みなので外してOK
  • あとは普通にArduino as ISPでスケッチをアップロードすれば動く

今回はブートローダなしのAVRマイコンをそのまま使う予備実験のためにこんなまどろっこしいことしたけど、ブートローダが焼いてあるマイコンArduinoスケッチをアップロードしたいだけならこれの方が簡単: ArduinoでUSBシリアル変換してESP-WROOM-02に書き込む – Mechanic Note

焼き込み/書き込み/アップロード フィーリングで使い分けましたがFTDI使わないので全部同じ意味です。

First Lot First: 最初のロットを先に作る。

f:id:ympbyc:20161202135341j:plain

昨日の記事の続きで、Maker Proになりたいシリーズ2作目です。

Maker Proになる道を模索する活動の一環として、個人Makerにとっての販売開始までのハードルの高さを解決したい。

プロトタイプが完成してからの、最初のロットの生産と販売というフェーズを、安く、効率的に遂行する手法を確立して、このフェーズまでをプロトタイピングの枠組みに持ち込みたい。

電子製品の開発から販売開始までのステレオティピカルな流れ(以下:プロシージャ)を示す。自分でやってみたことはないので、想像も混じっている。

  1. プロトタイプの開発
    • 回路設計、基板設計
    • エンクロージャ(外装)のデザインと製作
    • 組み立て
  2. 資金調達
  3. 量産の準備
  4. 量産を外注
    • PCBAサービスへ組み立て済み基板製造を発注
    • エンクロージャ製造や製品の組み立てを発注
  5. 出品
  6. 梱包、出荷

2-6までを一括で外注できるサービスも存在して、便利だろうとは思うが、今は無視する。

今回僕は、最初のロットについて、2と3をバイパスした次のプロシージャを提案、実現したい。

  1. プロトタイプ開発
  2. 出品
  3. 小ロット(例:100個)生産
    • PCBAサービスへ組み立て済み基板製造を発注
    • 自分でエンクロージャを生産、または金型を要しない成型を外注
    • 自分で最終的な組み立て
  4. 梱包+出荷
  5. 売り切る

ここまでうまくいったら、

  1. 資金調達
  2. 量産の準備
  3. 量産を外注

と続く。もしくはロングテールで細々と売る場合は、外注の量産に移行せず、そのまま家で小ロット生産を続けるということも可能だ。

このプロシージャを便利のため仮にFLF(First Lot First)と呼ぶことにする。

FLFを採用すると、significantな時間とお金を費やす前に、売れ行きやフィードバックを得ることができる。また、売れる確信がないものを作るリスクを低くすることで、すごくニッチな製品や、周囲の人間の中で自分だけが面白いと思う製品が世に出る可能性を拡げられると思う。

FLFを現実的なものにするためには、3(小ロットの生産)は以下の要件を満たす必要がある:

  • 高価な型を必要としないこと
  • 製品レベルの強度+見栄えものを、安定して生産できること
  • 自分で生産する場合、1個あたりの生産にかかる労力が低いこと

近いうちにFLFを実践してみるつもりだ。その時は、3Dプリントをポストプロセスで綺麗にした型を使った、シリコンのディップ成型を採用する予定。

家で生産するために、自分用の3Dプリンタも買った。Anet A8。届くのが楽しみだ。

成型技術やそのコストなどを調べるためにこの本を読んでいる。面白い。

またアップデートします。